父親ってなんだろう?

スポンサーリンク
親むけ情報

あなたにとっての”親”ってどういう存在なのかなって考えたことありますか?

私は”息子たちの父親”ってどういうことなんだろう?って悩む事が結構ありました。

息子たちはわがままばっかり言って、部屋は散らかし放題、喧嘩はする、おねしょはするし、すぐに泣くし、改めて並べてみると不満も多いのですが、でもなーんか息子達をみていると楽しいし、応援したくなります。

父親ってなんなんですかね?とりあえず広辞苑で調べてみると、

父親…父

父…男親。実父・義父・養父の総称。

…たらい回しにされて、なんこっちゃわからん。

“戸籍上で子供がいる男性”のことなんですかね?

でも別に戸籍上でつながってなくても、師匠を父親だと思ったりしている関係もあるだろうし。。。なんとなーくそれ以上の物がある気がしていて、もやもやしていました。

そんなとき、矢沢永吉さんが病気でライブを休んだニュースをみて、70でライブやってるのはロックだなーって思ったんです。もしかすると父親って矢沢永吉の”ロック”に近いのかもしれません。

矢沢永吉の”ロック”は、音楽のジャンルの一つとしての”ロック”じゃなく、矢沢永吉の生き方や考え方としての”ロック”になっています。

父親も、社会的ポジションや生物学的なジャンルじゃなくて、生き方、考え方だとおもうとしっくりくる気がした。

今の私にとっては父親は、”息子を応援する生き方”になるのかなと思う。

もちろん応援するって楽しいことばっかりじゃない。

正面から向き合わなきゃならなくて、時には心が削られることもあるし、傷つくこともあるし、思いが伝わらないことだってある。

そこまでしっかり覚悟して、受け止めたうえで、心から応援していく。

わがままを言ったり、泣いたり、喧嘩したり、そんなことばっかりの息子ですが、それも含めて向き合っていきたいなと思います。

10年後、同じ事が思えるように、今日も一日を過ごしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました