ジュニアスイミング体験談 メリット3つ

スポンサーリンク
スポーツ

子供がジュニアスイミングをやるとどんないいことがあるのか、体験談を知りたい人向けの記事です。

私の5歳の長男は1歳から、3歳の次男は3歳からルネサンススポーツクラブのスイミングに通っています。

5歳の息子はビート版でバタ足をしていますし、3歳の息子は少し潜れるようになりました。

体験談をふまえて、スイミングをやっていてよかったなーと思う所をまとめておきます。

 

子供が風邪をひいたり、お腹を壊したりしなくなった

特に次男が体があまり強くなくて、スイミングを始める前は月に一度は熱を出して病院に行き、ひどいときには痙攣してしまい入院することもありました。でもスイミングを始めてからほとんど熱を出さなくなったんです。

元気に動けている次男はもちろんのこと、看病したり、病院に行ったりする時間が減って私も妻も、長男もとても助かっています。

うちの次男は特別なわけでなく、一般的にスイミングをすると風邪を引きにくくなると言われています。

というのも、スイミングは体温よりも少し温度が低いプールに入るので、体温を一定に保つように心拍数や血流などを調整するトレーニングができるからです。なので体温調整に使う自律神経が鍛えられるんですね。自律神経は免疫機能もコントロールしているので、風邪を引きにくくなります。

子供が元気に笑っている時間が増えたので、スイミングやってよかったなと心から思ってます。

子供も親も日々成長が実感できる

日々の生活の中で成長を実感していけるので子供も親も日々成長が実感でき、肯定感が持てます。

毎日子供と一緒に入るお風呂の時間を使って、子供がどんな練習をしているか、どんなことができるようになったかを見せてもらうことができるのがいいです。

例えば、顔に水を付けたり、潜ったり、体操をしたりといった成長が、お風呂という生活の時間の中で見れるんですね。

忙しい生活の中でも、日々ステップアップしていく子供の姿が見れるので、褒めやすく子供も親も成長を実感し、自信を育むことができてます。

スイミング教室は水泳を継続しやすい

親が定期的に近くの公園でサッカーを教えることはできるとおもうんですけど、定期的にプールに通って水泳を教えられるかと言われると、なかなか難しい気がしてます。。。私は無理だなーって思いました。

サッカーやバトミントン、キャッチボールなどは、近くの公園でもできますが、水泳はプールがないとできない。流石にビニールプールでは水泳できませんし・・・・でもプールに行くって、結構エネルギーがいるんです。遠いし、お金かかるし、着替え持っていかないといけない…みたいな心理的ハードルが高い。この心理的ハードルはスイミング教室に入ることで乗り越えられるので、いいなって思います。

有料でお金を払って教わっている という意識、環境があるから、毎週プールへ通える。水泳の練習ができる。やっぱり環境は大事だなって思います。入ってなかったら続けられないですから。

まとめ

私が子供とスイミング教室に通っていて良かったなーと思う点をまとめてみました。

子供が健康になったり、成長が実感できたり、普段教えられない事が教えられたりするのでとてもおススメの習い事です。

ぜひ、子供とスイミングを体験して、反応をみてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました