[体験談] Z会幼児コース(年少/年中)をやっている私の感想/口コミ

スポンサーリンク
知育

Z会の幼児コースを実際にやっている人の体験談を知りたい保護者の方向けの記事です。

我が家の息子は年少からZ会の幼児コースをやっています。

今回は体験談をまとめますので、Z会の幼児コースを始めようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

実際の教材をやってみた写真を含めて紹介したいと思います。

※年少、年中コースの体験談になります。

Z会の幼児コースの概要と値段

Z会のコンテンツは4つで構成されます。

①考える力ワーク

内容:学習教材です。問題数も多くなく、基礎を丁寧にやっていく感じです。ボリュームは軽めになっていて、終えたという達成感が得られるので継続しやすい。子供に合わせて市販のドリルを組み合わせて教えていきましょう。

満足度:★★★★☆

②ぺあぜっと

内容:工作や料理、マナーを親子で少しづつ体験していく素材。後で詳細は書きますがとても気に入ってます。

満足度:★★★★★

③いっしょにお出かけブック

内容:季節ごとの行事や、子供が使う道具などを題材にした幼児向け絵本。折り紙などの内容もあり、子供心を掴んでくれて遊び、読んでくれます。

満足度:★★★★☆

④ぺあぜっとi

内容:保護者向け情報、保護者目線で指導してほしいポイントが記載されていてわかりやすい。

年中コースは、これとは別にひらがなの書きのワークがあります。

2020年2月時点の値段は学年と支払い方法によりますが

年少が月々1870円~

年中が月々2240円~

※年長は体験していないので、ここでは書きません。

となります。私はリーズナブルな値段設定だと思います。

Z会をやっていて感じるメリット3つ

基礎が身につく問題と、達成感が得られる分量

年少、年中共に基本を丁寧に身につける事が目的とされているきがします。

年少の問題は図形や植物、季節行事やお仕事の一般的な紐づけなどで、一般常識や知恵といったものを丁寧に身に着きます。年中はひらがなの書きや数、大小理解などが身に付きます。

分量は1日1~2ページとやや少な目ですが、毎日学習する習慣を身に着けるという意味では達成感が得やすく良いと思います。

我が家では最初の一枚目をZ会でスタートし、一般のめいろやひらがな、数字のドリルを子供の成長に合わせて併用してます。

上手く使えば日々勉強する習慣を身に着けることができる教材だと思います。

親では気づかないような料理/習慣の体験が一緒にできる

子供と一緒にサラダを作ってみたり、ゆで卵の殻をむいたりする料理のワークがあります。意外と”子供はもうこんなことできるようになっているんだ!?”って気づかされることが多いです。また自分で作ると子供も食べてくれるので、好き嫌いが少し減りました。

印象にも残るようで、スイカジュース作ったけど、あのころの僕はまったくのめなかったね!と年長になった子が2年前のワークを覚えて会話になったりします。

ゆで卵のからむきをやったときの内容はこんな感じです。

親の視点だけではなかなか気づかないところを、チャレンジできるようになるのでとても気に入っています。

また、お皿洗いや靴をそろえるなどのせいかつ習慣のワークがあります。このワークで色々やっていて、息子は靴がそろえられるようになったり、お風呂を洗ってくれるようになりました。

 

せいかつ系のワークの絶妙なところは1ヵ月に1つという分量だと思います。

習慣系って、いきなりあれもこれも!って詰め込むと疲れちゃうので、1ヵ月に1つというワーク量がそれにピッタリなんですね。

身の回りにある物で頭を使って遊ぶ、工作するようになる

ビニール袋やトイレットペーパー、洗濯ばさみなど身の回りの物を使って遊ぶワークがあり、遊びの幅が広がると共に自頭が鍛えられていると思います。

Z会は”身の回りの物をうまく使って遊ぶ”ことに軸を置いてくれています。例えば、洗濯ばさみをブロックのように組み合わせて動物や恐竜を作ったりして遊ぼうと教えてくれます。

本来の用途ではないものを”自分なりに考えて遊ぶ”方向なので応用が効きます。例えばうちの息子は、洗濯ばさみ遊びを応用して服に着けて歩くと音が鳴るとか、ウルトラマン人形の手に洗濯ばさみを付けたりしてます。

家にある物で、頭を使って楽しく遊ぶ これは今後の人生で結構大切な考える力なんじゃないかなって思ってます。

また折り紙やお絵かきも頻繁にやるようになります。

たとえば、 おりがみことりうみへいく というタイトルのいっしょにお出かけブック9月号の内容を少し紹介します。

おさかなやイカなど子供でも作れるシンプルな折り紙が載っています。

これを見て息子が作った物がコレです。

折り紙とカレンダーの裏紙だけで半日以上遊べてしまいますし、想像力が身に付くなーと思います。

Z会をやり始めてから、身の回りのモノで工作をしたり、おもちゃを自由に組み合わて遊ぶのが上手くなって、幅が広がったような気がしています。プラレールと積み木を組み合わせて電車のコースを作ったりしている姿をみると、Z会やってよかったなって思います。

まとめ

Z会の幼児コースの学習教材は内容が丁寧で量は着実に達成できるものになっており、子供の肯定感アップにつながって、継続がしやすいです。子供の状況をみて市販の学習ドリルなどと組み合わせて学習しています。

また体験するワークがとても充実しており、良い生活習慣と自分で考えて工夫する力を無理なく身に着けられるところが気に入っていて、お勧めできる内容だと思っています。

ただやはり子供のことなので、実際に体験して子供がどう感じるかが大切になります。

まずは資料請求して、無料のサンプルをやってみて子供の反応をみてみましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました